スキール、普通、ヨーグルト、違い、人気、理由、アイスランド、国民食

スキールってご存知でしょうか?アイスランドの国民食と呼ばれている乳製品なんです。

ヨーグルトは美容や健康、ダイエットにも良いので、朝ごはんやおやつ代わりに食べているという方も多いのではないでしょうか?

今回は、アイスランドの国民食スキールと普通のヨーグルトの違いスキールが人気の理由についてご紹介していきます!

 

 

スキールと普通のヨーグルトの違いは?

スキールとはアイスランドで国民食として親しまれている乳製品で、高たんぱく&低カロリーなのが魅力です☆

ダイエット中の方や体を鍛えている方、日頃運動を行う方には嬉しい食品ですね。

一見もったりしたような見た目でギリシャヨーグルトのように見えますが、実はチーズの一種なんです。

 

そして、スキールと普通のヨーグルトとの最大の違いは原材料と作り方にあります。

スキールの主な原料はスキムミルクです。牛乳にスキムミルクを入れ、菌を発酵させて余分な水分や脂肪分を取り除いたものがスキールです。

更にスキールは一般的なヨーグルトの約3〜4倍の牛乳を使用しているので、クリームチーズのようなしっかりとした食感になります。

 

アイスランドでは1000年以上前のバイキングの時代からスキールが食べられていたそうです。

塩を大量に生産する技術がなかったため、肉を長期保存するために牛乳から分離したホエイ(乳清)を取り出して塩の代わりに使用し、残りの乳が発酵してできたのが、今のスキルの原型となりました。

引用:isey SKYR

1000年以上も前に原型が作られ、今もアイスランドや世界の人々に食べられているなんてすごいですよね!

私は普通のヨーグルトよりもギリシャヨーグルトのようなもったりした食感が好きなので、スキールはまりそうです!

 

 

スキールが人気の理由は?

スキールは高たんぱく&低脂肪&低カロリーと、健康やダイエットには嬉しい栄養素も人気の理由です!

一般的なヨーグルトと比べると、スキールの方が100gあたりのたんぱく質の量が多く脂肪分が低いことが分かりますね。

100g エネルギー たんぱく質 炭水化物 脂質
スキール 61kcal 11g 3.7g 0.2g

引用:iseySKYR

100g エネルギー たんぱく質 炭水化物 脂質
ヨーグルト(全脂無糖) 62kcal 3.6g 4.9g  3.0g

出典:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

エネルギー量は同等ですが、普通のヨーグルトと比べるとスキールは栄養価が高い食品ということですね!

しっかりとした食感で適度にお腹を満たしてくれるので、朝ごはんやおやつの代わりにもなります。

特にダイエット中の方やスポーツをする方はたんぱく質が不足しがちなので、たんぱく質豊富で低脂肪のスキールはまさにピッタリな食べ物です^^

不規則な食生活や加齢に伴いたんぱく質が不足すると、髪にコシがなくなる、肌にハリやツヤがなくなる、集中力が続かなくなるなど身体や心に大きな影響を与えます。

たんぱく質は不足しやすい栄養素の1つなので、スキールを食べて上手にたんぱく質を摂取したいですね。

 

また、ヨーグルトのようにフルーツを添えたりジャムをかけてそのまま食べるのも美味しいのですが、スキールはスイーツや料理に使っても美味しく食べられます。

iseySKYRのHPで、ティラミスやケーキ、チキン煮込みなどのレシピが公開されているので気になる方はチェックしてみて下さいね☆

iseySKYRのHPはこちら⇒スキールを使ったレシピ

日本では2020年3月31日より日本ルナ株式会社から、プレーン・バニラ・ストロベリーピーチと3種類の味のスキールが販売開始されています。

スキール、普通、ヨーグルト、違い、人気、理由、アイスランド、国民食

出典:日本ルナ株式会社

コンビニやスーパーなどで販売されているので、見つけたら是非食べてみて下さいね。

スキールは高たんぱく&低脂肪と栄養素が魅力なのはもちろん、濃厚でクリーミーな食感スイーツや料理にも幅広く使えるのが人気の理由ですね!

 

 

スキールと普通のヨーグルトの違いは?人気の理由は?アイスランドの国民食!まとめ

今回は、アイスランドの国民食スキールと普通のヨーグルトの違いやスキールが人気の理由についてご紹介しました。

最近は忙しかったり食欲がないなどで朝ごはんを食べないという方も、スキールを朝ごはん代わりに食べればたんぱく質も摂れて腹持ちも良いですよ^^

私も今度ギリシャヨーグルトとスキールの食べ比べてどちらが好みか検証してみようと思います!