思い出のマーニー、正体、幽霊、杏奈、妄想、考察

2014年に公開された米林宏昌監督の思い出のマーニー、数あるジブリ作品の中でも様々な考察がされていますよね。

思い出のマーニーの正体は幽霊なのか?それとも杏奈の妄想なのか?マーニーの正体は一体何なのだろうと気になる所。

 

思い出のマーニーの原作はイギリスの児童文学で、イギリスと言えば幽霊とかオカルトとかが好きなお国柄。

幽霊好きのイギリスで生まれた話なら、マーニーも幽霊だったんじゃないの?と思っても不思議ではないですよね。

もしくは、全て杏奈の妄想の中の人物だったのか、イマジナリーフレンド(空想の友人)とか言いますし。

 

喘息を患っている杏奈が、療養のために訪れた海辺の田舎町にある湿っ地屋敷で出会う謎の女の子マーニー

物語の最後でマーニーは杏奈の実の祖母だったことが明かされますが、祖母は杏奈が幼い頃に既に亡くなっています。

じゃあ、杏奈と会話をしたり笑い合っていたマーニーは一体誰なのか、謎が深まるばかりです…

 

今回は、思い出のマーニーの正体は幽霊?杏奈の妄想なのか?について考察してきたいと思います。

 

 

思い出のマーニーの正体は幽霊?

思い出のマーニー、正体、幽霊、杏奈、妄想、考察

物語の最初の方で、誰も住んでいないと聞いていた屋敷で杏奈とマーニーは出会います。

廃れた屋敷に似合わないネグリジェ姿の女の子が急に現れたら…普通に考えればホラーですよね!

しかも、マーニーは何故か杏奈のことを知っていて、杏奈もマーニーの存在をすんなりと受け入れてる。

杏奈は精神的に不安定な女の子なので、霊的な何かとフィーリングが合ってマーニーに出会ったのかと思いました。笑

 

杏奈は「私達のことは秘密よ」とマーニーに言われ、お互いの存在を誰にも明かさない約束をします。

実は杏奈にしか見えていない存在=幽霊だから…?1人ぼっちでいたり、心が揺らぎやすい人に幽霊は見えやすいって言うので。

そう考えると杏奈は両親を交通事故で亡くしていたり、周囲に心を開かない傾向にあったりと幽霊にとったら近づきやすい存在なのかもしれません。

 

マーニーは「屋敷から離れられない」とも言っていました。

愛していた孫(杏奈)を心配する守護霊か、心残りがあってこの世に留まっている屋敷の地縛霊か…

 

その後も使われていないはずの屋敷でパーティーが開かれていたり、完全に怪奇現象の目撃者になった気分です。

靴を片方忘れてきてしまった杏奈が屋敷に戻ると、昨日のパーティが嘘のように閑散とした屋敷に戻っています。

やっぱり、マーニーも屋敷のみんなも幽霊だったんじゃ…!?と考えてしまいます。

 

物語が進むとマーニーも幼い頃、両親の愛を受けられず、ばあやとねえやにいじめられていた過去が発覚します。

幼い頃に両親を亡くし周囲に馴染めない杏奈、1人ぼっちで辛い幼少期を過ごしたマーニー。

マーニーは亡くなってからも寂しい気持ちを癒せずに、同じ年頃の杏奈と友だちになることで杏奈の”良き理解者”になりたいと思ったのかも知れません。

 

そして、マーニーと会えるのはいつも夕暮れ時か日が沈んでからで屋敷周辺のみです。

夕暮れ時は黄昏時とも言われ、黄昏は「誰そ彼(あなたは誰)」と人の顔が判別しずらい時間帯のことで現実と人ならざるものとの世界の狭間が曖昧になる時間とも言われています。

マーニーが幽霊だったのだとすれば、黄昏時に紛れてしか現実世界に姿を現すことが出来なかったのかも…?

 

 

思い出のマーニーは杏奈の妄想?

思い出のマーニー、正体、幽霊、杏奈、妄想、考察

自分の殻にこもりがちで周囲との関係を上手く築けない、孤独の中で1人苦しんでいる杏奈が妄想に走ってしまってもおかしくないかも…と思っちゃいます。

マーニーが両親の愛情を受け何不自由なく暮らしている姿を見た杏奈が「私、あなたなら良かったのに」と言う場面があります。

自分を残して死んでしまった両親を許せない気持ちと、養母である頼子が児童手当を受け取っていた事を知り自分は利用されていたのではないかと人を信じられない杏奈。

心に暗く重い闇を抱えた杏奈は誰かに理解してほしい愛してほしいという思いが強く、マーニーという姿(妄想)になって見えたのかもしれません。

 

魔女の宅急便の終盤で、急にジジの声がキキに聞こえなくなってしまうシーンがありますよね。

一説によると、キキに聞こえていたジジの声は自分の思いを投影した形、つまり自分の望む答えをくれる存在とも言われています。

マーニーもジジの声と同じような存在だとすれば、杏奈の心の奥底に眠る寂しさや愛を求める気持ちが具現化された姿とも言えますよね。

 

また、杏奈が幼い頃に祖母と一緒に住んでいて、祖母(マーニー)は自分の体験を杏奈に話していました。

杏奈は無意識のうちに祖母の体験が記憶の中に刷り込まれ、祖母から聞いた話を追体験していたのでしょうか…

サイロの近くでマーニーが杏奈を和彦と呼ぶシーンがありますが、杏奈の記憶のほとんどはマーニーと和彦の実体験でした。

ばあやとねえやに連れて行かれたサイロはマーニーにとってトラウマの場所なので、和彦との楽しい記憶に置き換えたかった為に杏奈を和彦と呼び間違えるのです。

マーニーが急に消えてしまったり突然場面が変わったりするのは、杏奈の記憶が曖昧だったりマーニーに聞いていない話の部分だから先が分からないと考えると納得がいきます。

 

マーニーは杏奈が祖母に聞いた話を元に作り上げた妄想世界の人物だから、マーニーの姿も幼少期の若いままなのでしょう。

逆にマーニーが年老いた姿で杏奈の前に現れていたら、世代も違い過ぎるのでお互いの気持ちを理解し合うのが難しいかもしれないですね。

同世代で同じ境遇の中にいたマーニーだからこそ、杏奈は心を通わせて人との繋がりの大切さを感じられたのだと思います。

 

杏奈にとってマーニーは妄想だったとしても、人の痛みや愛される喜びを感じるきっかけ、人として成長する為に必要な存在だったと言えます。

物語の後半でマーニーを忘れてしまう瞬間がありますが、杏奈の心の中にある”わだかまり”が溶けて現実世界で生きていく希望を見い出せたことを表しているのでしょう。

自分を1人ぼっちにした両親や祖母を許す心が生まれ、妄想世界のマーニーを必要としなくなったということですね。

 

 

米林宏昌監督が語るマーニーの存在とは?

思い出のマーニー、正体、幽霊、杏奈、妄想、考察

出典:米林宏昌Twitter

思い出のマーニー、正体、幽霊、杏奈、妄想、考察

出典:米林宏昌Twitter

米林宏昌監督はマーニーの存在が何かをハッキリと語っていません。

マーニーの存在は見る人によって解釈が違うからです。

正解をつくらず、見る人の立場や年齢、心境などによって話や人物の捉え方が変わってくるからだと思います。

同じ物語を見ても、子どもの時と大人になってから見た時の感じ方が違うことってよくありますよね!

思い出のマーニーだけではなく、ジブリシリーズ全てに言えるかも知れませんが、物語を見た人の解釈に委ねてそれぞれが思ったことが全て正解なのかもしれませんね。

 

 

思い出のマーニー、ネットの感想や考察は?

マーニーの正体とは何だったのか、ネット上でも妄想?幽霊?空想?追体験?など様々な意見が上がっていました!
みんなそれぞれが思うマーニーの解釈があって、他の人の意見を見るとまた作品の印象が変わってきますよね。

思い出のマーニーの正体は幽霊?杏奈の妄想?考察してみた!まとめ

今回は、思い出のマーニーの正体は幽霊?杏奈の妄想なのか?について考察しました。

マーニーの正体が何なのかは劇中でもハッキリと表されていません。

マーニーは杏奈の孤独が作り出した妄想で、祖母(マーニー)に聞いた話を追体験しているというのが1番しっくりくるかも…

何はともあれ、ジブリ作品の世界は本当に奥が深いですね!

ご参考になれば幸いです^^